1. 菰野町観光協会HOME
  2. NEWS一覧
  3. パラミタミュージアム企画展【生誕130年記念 堂本印象展】同時開催【女流陶芸家の草分け 辻󠄀輝子展】
2021.02.05 お知らせ

パラミタミュージアム企画展【生誕130年記念 堂本印象展】同時開催【女流陶芸家の草分け 辻󠄀輝子展】

パラミタミュージアムでは新しい企画展が始まりました。

【生誕130年記念 堂本印象展】同時開催【女流陶芸家の草分け 辻󠄀輝子展】

会期期間:2021年2月5日(金)~3月28日(日) ※会期中無休

パラミタミュージアムホームページ https://www.paramitamuseum.com/top.html

【生誕130年記念 堂本印象展】2階 第4・第5室

近代日本画の大家、堂本印象。

大正8年第1回帝展で彗星のごとく画壇に登場し、以降、幅広い画域で話題作を次々と発表し一躍画壇の花形となりました。

戦後は一転して独自の社会風俗画により日本画壇に刺激を与え、昭和30年以降は「日本がにおける抽象表現の世界」に分け入る華麗な返遷を辿り、昭和36年には文化勲章を受章しました。

初期から晩年までの作風の移り変わりによって、常に挑戦し続ける彼の世界観が見て取れます。

本展では、帝展出品作をはじめ初期から晩年までの代表作70点が展示されています。

 

【女流陶芸家の草分け 辻󠄀輝子展】1階 第1・第2室

女流陶芸家の草分けとして、北大路魯山人・棟方志巧・岡本太郎とも交流のあった辻󠄀輝子。

これまでパラミタミュージアムでは茶碗、香合などの茶道具から陶製アクセサリーまで400点に及ぶ 辻󠄀輝子の作品を収蔵しており、その収蔵作品数は国内随一の規模を誇っています。

今回の作品展には上皇后陛下美智子さまよりパラミタミュージアムにご寄贈のあった作品7点も展示されます。

本展開催にあたりご遺族より辻󠄀家に遺された染色作品を特別に出陳いただきました。帯、着物の絵は 辻󠄀輝子自身の手によって描かれたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

辻󠄀輝子

2021年2月5日(金)~3月28日(日) ※会期中無休

辻󠄀輝子は1920年(大正9)東京・日本橋に生まれ、女流陶芸家の草分けとして活躍しました。また若き日には浅香金四郎に日本画を学び、北大路魯山人とも交流を持っていました。その身近な花や虫など小さな生命に慈愛の目をそそぐ繊細な表現は、国内外で高い評価を受けています。
パラミタミュージアムでは茶碗、香合などの茶道具から陶製アクセサリーまで400点に及ぶ辻󠄀輝子の作品を収蔵し、その収蔵作品数は国内随一の規模を誇っています。
今回の作品展には上皇后陛下美智子さまよりパラミタミュージアムにご寄贈のあった作品も展示されます。
辻󠄀輝子の繊細な陶芸の世界をお楽しみください。

 

BACK