歴史・文化・伝説

五百羅漢

五百羅漢

【昭和42年2月10日県指定】- 大字竹成 -  竹成五百羅漢は県道四日市~田光線の交叉する竹成集落の中心にあ る。嘉永5年2月(1852)竹成出身の照空上人(神瑞和尚)が建立を発願されて、桑名の石工、石長こと藤原長兵衛一門の手により慶応2 年に完成したものである。明治9年の伊勢暴動により、大日堂はその 災に遇って焼失し、その後廃仏棄釈により、大日堂と共に衰微し心な きもののために石像も首を落され、三重の石塔も人手に渡る様な荒廃であった。

大正8年境内に竹成米の発見者松岡直右エ門の顕彰碑が建 立されるや、境内も整備され今日に至っている。 小高く盛った土山の上に無数の石像が並び、或いは坐り、立ち、空 を仰ぎ、各像各様の姿は誠に偉観である。 東入口には、大地蔵菩薩と二童子、三蔵法師、弘法大師、南に願主 の照空上人像、地獄の炎魔大王と十王、山上には大日如来と四方仏、 その前に釈迦如来、普賢菩薩等、北面した所に七福神、役の行者、苦 行の釈迦、中腹に天照大神、猿田彦、羅漢像と真に神も仏も一仏一体 である。春は桜の花の下、夏はみどりのもみじの葉蔭に在る諸像は何 かを語りかけてくれそうな親しみ深い尊容である。 五百羅漢として有名なものは奈良の壷坂寺や九州の宇佐にある。 照空上人(神端和尚)は天明8年5月竹成で生れ、文化9年出家、 鈴鹿の野登山に登り修行する。天保8年頃神森、賀宝寺の住職となり 同寺を復興、天保12年郷里の竹成へ帰村、安政2年4月11日68歳で入滅する。